ネパール旅行.トレッキング.ツアー会社
          “人と地球に優しい旅を”

バードウオッチング

バードウオッチング


コシタップ国立公園

コシタップワイルドライフリザーブには鳥類の 400 の種、ネパールでこれまで発見されなかった斑点サザイチメドリおよびオリーブグラウンド鳴鳥も発見されています。

王立スクラパンタ野生生物保護区には 200 種以上の鳥類が生息しています。

コシタップ野生生物保護区は、あひるの 20 の種、トキ、コウノトリの種、シラサギ、アオサギおよび絶滅危惧種のハリモミライチョウやベンガルショウノガンを含む、鳥類 280 種も見られます。


お問い合わせ・オンライン ご予約

シバプリバードウォッチング

シバプリは高度 2563 m、カトマンズの北に位置するカトマンズバレーで 2 番目に高い丘です。ブダニルカンダテンプル、カトマンズの北へ8 km 、約 20 分で到着します。

ブダニルカンダから、シバプリ保存エリアを歩いて進みます。

ここは 500 種以上が見られる政府に保護された森林です。チェックポストのエリア南部境界からハイキングを始めます。

高度 2330 mまで行くと、ナギゴンパという尼僧院があり、瞑想のために仏教徒や外国人が訪れます。

そこからは約 30 分は狭くほこりまみれの道を通って険しい上りのハイキングです、その後 2 時間シバプリへの緩やかな登り道となります。 ランチを摂って、しばらく辺りを散策してから車で約 2 時間コパン丘道を下りカトマンズに引き返します。


お問い合わせ・オンライン ご予約



プルチョウキバードウォッチング

早朝、カトマンズから 18km 南東にプルチョウキに向けて出発します。2760m のプルチョウキはカトマンズバレーを囲む山脈の中で最も高く、ネパールバードウォッチングの理想的なスポットです。規則的に記録報告されている定住種は黒鷲、山熊鷹、コシアカキジ、パートリッジ、モリバト、くさび形尾緑ハト、山コノハズク、フクロウ類、金色咽ゴシキドリ、キツツキの種、サンショウクイ、ブルブル、オレンジコノハドリ、エンビシキチョウ、クリボウシ黒鳴鳥、白カンムリセイラン、ツグミ、白ハジロ、キバシリ、太陽鳥、コウライウグイス、ユーラシアカケス、カササギおよび褐色のヨーロッパウソなどです。

そのほか 55 種は渡り鳥として季節によりそのエリアを訪れると知られています。
さらにプルチョウキ森林は植物相と蝶にも非常に富んでいます。
哺乳動物はレオパルド、テン、リスなどが生息しています。
バードウォッチングを満喫した後はカトマンドゥへ戻ります。

お問い合わせ・オンライン ご予約

ポカラバードウォッチング

この森林および湖の海岸に沿って、一様に見られる種は、スズメハヤブサ、ハリアー、ユーラシアグリフォン、ユーラシア黒ハゲタカ、コシアカキジ、あひる、カモメ、ブルブル、エンビシキチョウ、白にとさかがありより劣った、ツグミ、サンショウクイ、深紅太陽鳥、コウライウグイス、赤や緑の嘴をしたカササギ、尾長山ツグミ、クリボウシ鳴鳥、小さく、尾長キリアイ、淡青色ヒタキ、尾白コマドリなどです。多くの美しい鳥とはまた別に、アンナプルナ峰やマチャプチャレなどのすばらしいポカラからの景色を眺めることができるでしょう。


お問い合わせ・オンライン ご予約

王立ヴァルディア国定公園バードウォッチング

王立ヴァルディア国定公園はベンガルショウノガン、インドショウノガン、鶴などが生息しています。シェポクスンド国定公園は、ニジキジ ( ダフェと呼ばれる ネパールの国鳥 ) 、その他のキジの種、ワタリガラス、ハシブトガラスなど他に多くの鳥が見られます。

ララ国立公園はキジの在来種移や水鳥が多く生息しています。そのほかの渡り鳥の多くの種も等しく富んでいます。カイツブリ、ホシハジロは冬に見られます。

他に共通して見られる鳥としては、アジアイワシャコ、ニジキジなどのキジ類です。


お問い合わせ・オンライン ご予約