曇り空の下、袋を背負って岩山の上を歩く2頭のロバ

ネパールのトレッキング許可証がデジタル化され、手間がかからなくなりました

ネパールが外国人にトレッキング許可証を発行し始めてから70年以上が経ち、政府はついに紙ベースの許可証発行システムを廃止した。これは、ネパールのビザ申請システムがオンラインになった数週間後に行われた。

入国管理局は2月23日、トレッカー向けのオンラインシステムを開始した。

同省報道官のプレム・プラサド・ダカル氏は、外国人トレッカーは制限区域内でのハイキング許可を取得するために入国管理局に出向く必要がなくなったと述べた。

「オンライン申請システムは時間を節約します。トレッカーは料金を支払うために銀行の列に並ぶ必要はなくなります。」

ただし、支払いはネパールのモバイル バンキング アプリを含むネパールの支払いチャネル、および Connect IPS、E-sewa、Khalti などの支払いプラットフォームを通じてのみ行われる必要があります。

ダカルさんによると、ネパール政府はドル口座を持っていないため、現在、外国人がトレッキング許可を得るために料金を米ドルや他の外貨で支払うことはできないという。

「この問題は金融法を通じて対処されるべきだ。」

入国管理当局者らは、政府が外貨による支払いを許可すれば、このシステムを完全に導入するか、あるいは登山予定者が外国の銀行口座から手数料を支払えるようにする用意が整っていると述べた。

同様に、エベレスト地域を除き、外国人がガイドなしでトレッキングすることは禁止されているため、許可証は旅行会社を通じてのみ発行される必要があります。

これにより、トレッキング業者とツアーオペレーターにトレッカーを扱う独占的な権利が与えられます。

ネパールは、外国人トレッカーに許可証を発行し始めてから約75年が経ち、手動による許可証発行システムに終止符を打った。

ネパール・トレッキング代理店協会のニルハリ・バストラ会長は、「これはすべてのツアー・トレッキング業者にとって朗報だ」と語った。「私たちが新しいシステムに慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、官僚的な煩わしさは大幅に解消されるでしょう。」

2月9日、政府はネパールに電子渡航認証(ETA)システムを導入した。これは外国人旅行者の入国を容易にするための最新の取り組みである。

「私たち(旅行代理店とツアーオペレーター)は、外国人顧客に代わってビザ料金を支払い、パスポートのコピーを通じてビザを取得できるようになりました。入国管理局からビザ番号を取得した後、制限区域と非制限区域の両方でお客様のトレッキング許可を取得できます」とバストラ氏は語った。プロセス全体は自宅やオフィスで快適に完了できます。

「以前は、ビザとトレッキング許可証の発行手続きが遅れていました。外国人はビザを取得するために空港で列に並ばざるを得ませんでしたが、トレッキング許可を取得するプロセスも同様に時間がかかりました。」

「ありがたいことに、手動システムは終了しました。」

現時点では、電子ビザの支払いは、モバイル バンキング アプリ、Connect IPS、E-sewa、Khalti などのネパールの支払いチャネルを使用することによってのみ行うことができます。

バストラ氏は「政府がドル決済システムを採用すれば、手続きはさらに簡素化されるだろう」と述べた。

ネパール観光局とネパールトレッキング代理店協会が共同で発行する、立ち入り禁止区域のトレッキング許可証(TIMS)は、2008年1月1日に発効し、昨年4月1日にオンラインになりました。

数十の無制限のトレッキングエリアとは別に、政府によって厳しく規制され、自由な個人のトレッカーが厳しく禁止されている「制限エリア」として知られる特定のトレッキング地域があります。

チベットと国境を接するタプルジュン、サンクワサバ、ソルクンブ、ドーラカ、ラスワ、ゴルカ、上ムスタン、マナン、上ドルパ、下ドルパ、ムグ、フムラ、バジャン、ダルチュラ地区は、1970年代に外国人訪問者の立ち入り禁止が宣言された。

外国人がこれらの地域に旅行するには、入国管理局から特別な許可を取得する必要があります。また、個人のトレッカーには許可が与えられません。このような許可を申請できるのは、政府公認のトレッキング代理店を通じてグループで旅行する人だけです。

許可料は地域に応じて、1 週間あたり 10 ドルから 10 日間で 500 ドルまでの範囲です。

1970年代、カンパ反政府勢力がネパール領土を利用して中国を襲撃していることが判明したため、政府はチベットと国境を接する北部のいくつかの村で外国人の移動を制限した。1974年、ネパール軍はカンパ反乱軍の完全な武装解除に成功したが、渡航制限は依然として残った。

ネパールにおけるトレッキングの正式な歴史は、ネパールが何世紀にもわたる鎖国を経て外の世界に扉を開いた 1949 年に始まりました。

英国の外交官で登山家のジェームズ・オーウェン・メリオン・ロバーツ中佐は、1950年にネパールで最初の商業トレッキングを組織したとされている。

トレッキング代理店や旅行会社は、国の観光と地元経済に貢献する計り知れない可能性を秘めたこのような地域を開放するよう政府とロビー活動を行っている。

一部の制限エリアでのトレッキングは費用が高くなります。

入国管理局によると、アッパー・マスタングとアッパー・ドルパの立ち入り禁止エリアのトレッキングには、最初の10日間は1人当たり500ドル、10日を超えると1人当たり1日当たり50ドルの費用がかかる。

ゴルカ・マナスルの立ち入り禁止区域、およびマナンとムグでは、秋(9月から11月)に外国人トレッカーは1週間あたり1人あたり100ドル、1週間を超えると1日あたり1人あたり15ドルを支払わなければなりません。トレッキングのオフシーズンとされる 12 月から 8 月の期間は、1 週間あたり 1 人あたり 75 ドル、1 週間を超えると 1 日あたり 1 人あたり 10 ドルの料金がかかります。

バジャンとダルチュラでは、政府は最初の 1 週間は 1 人あたり 1 週間あたり 90 ドル、1 週間を超えると 1 日あたり 1 人あたり 15 ドルを請求します。

フムラの立ち入り禁止エリアでは、トレッカーには 1 週間あたり 1 人あたり 50 ドル、1 週間を超えると 1 日あたり 1 人あたり 10 ドルが課金されます。

ゴルカ ツム バレーの立ち入り禁止エリアを訪れるトレッカーには、秋のシーズン中、1 人あたり 1 週間あたり 40 ドル、1 週間を超えると 1 日あたり 1 人あたり 7 ドルが課金されます。12 月から 8 月の期間の料金は、1 人あたり 1 週間あたり 30 ドル、1 週間を超えた場合は 1 人あたり 1 日あたり 7 ドルです。

同様に、タプレジュン、ドルパ下流、ドラカ、サンクワサバ、ソルクンブ、ラスワの立ち入り禁止エリアでは、1 人あたり 1 週間あたり 20 ドルが課金されます。

政府統計によると、2022年に規制区域には15,781人の外国人トレッカーが受け入れられ、そのほとんどがマナスルとマスタング上部であった。

現在、トレッカーは専用のオンライン プラットフォームを通じて自宅から快適に申請できるようになりました

admin
Author: admin

~人と地球に優しい旅を!~

シェアする: